ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2012.02.03 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.12.24 Friday

お久しぶりです!

あいや、本当に久しぶりの書き込みとなってしまいました。
何だかんだと忙しいうえに、パソコンを入れ替えたり、年明け2月の引っ越しに向けてのあれやこれや、、、
あらま!?
気が付けば今年も残りあと僅か。
、、、って今日はクリスマスイブ。
皆さんはどのようなイブを過ごすのでしょうか?
我が家は昨夜「亀淵友香&VOJA」のコンサート「Christmas Gospel Night 2010」でクリスマスの雰囲気を堪能してきました。
はい。
もちろん花火も元気にやっております。
写真は数か月前に洗った時に撮ったものですが、、、

 

さて。
今日もそろそろお出かけしなければ、、、

てな訳で(?)皆さん素敵なイブを!!
2010.07.10 Saturday

チロの写真展、、、



写真家アラーキーこと荒木経惟の愛猫チロが今年の3月に逝ったことは知っていたのですが、そのチロの最期の数カ月の様子をアラーキーが撮った写真の写真展「センチメンタルな旅 春の旅」が行われていることを8日の産経新聞の記事で知り、大のチロファンであった私は昨日、さっそく観に出かけてきました。



胸に「ジ〜ン」と迫ってくるものを感じる素敵な写真展でありました。
上手く言葉にすることはできないのですが、改めて飼い主とペット、、、
いや、家族の一員となった飼い主と猫とのつながりというか、存在というか、、、
たった一匹の猫なのに、その存在の大きさを改めて感じずにはいられない数々の写真に感動してしまいました。

で、チロの写真に思わず先代猫のアディーのことが重なってしまい。
っていうか、その小さくなってしまった身体、痩せこけた手足、腰、、、
まるで仔猫の頃に戻ったかのような清らかな瞳、、、

それらの全てがアディーの最期の半年間の様子と瓜二つ。

あぁ。
皆、同じなんだなぁ。
猫も、犬も、人間も。
最後は皆こうやって旅立って行くのだな、、、

昨夜は思わず当時のアディーの写真のファイルを開いては見入ってしまいました。
続きを読む >>
2010.07.05 Monday

花火脱走(?)する、、、



<↑>
「脱走、帰還直後の花火嬢」
「かなり薄汚れています(笑)」

**************************************

女房のブログ「季節を感じて」を覗いて下さっている方々はすでにご存じのことと思われますが、、、

多くの励ましのコメント等、まずは私からも「本当にありがとうございました」と御礼を申し上げたいと思います。

**************************************

そう、事件は先週の水曜日、6月の30日の朝に起きました。
時は折しもWカップの真っただ中。
当然のごとく私も前夜のパラグアイ戦をTV観戦した寝不足気味の朝のことでした。

その朝はやけにスズメ達が「チュン、チュン」とベランダで賑やかにしていたのですが、私は特に気に留めることもせず、、、

**************************************

それは突然の女房の悲鳴でした。

「お父さん!!」
「は、花火がベランダに!!」

**************************************

女房いわく、「ドン!」というかなり大きな音がしたらしく。

「はぁ?」

と、何が起きたのかよく把握出来ないままに私はリビングに、、、

**************************************

ベランダに来るスズメ達に腰を低くしながら「狩り」のポーズを取るのは毎度のことではありますが、まさかベランダの網戸が破けるほどにアタックするとは夢にも思わずに、、、
いや。
まさか、網戸が破けると思っていなかったのは花火の方だったと思われます。

そこにはビックリした顔をしながら固まる花火の姿が(汗)。。。

**************************************

「花火ぃ。。。」

私は出来る限り花火を驚かせないようにベランダに近づいたつもりだったのですが。

**************************************

多分、花火は私に怒られると思ったに違いありません。

一瞬、困った顔で私の方を振り返ったと思った次の瞬間、、、

「スタ、スタ、スタ。。。」

花火は腰を低くしながらベランダ沿いに隣のお宅のベランダへと柵の下をくぐりぬけて行ってしまったのでありました。

**************************************

「あぁ。。。」

**************************************

後の様子は女房のブログ「季節を感じて」にて(手抜き)(汗)。。。

**************************************

あいや。
幸いにも一日半で我が家に戻ってきてくれた花火ではありましたが、それは、それは、もう本当に心臓がはち切れそうな思いをした一日半だったのでありました。



なこともあり昨日は日曜大工(?)。
網戸を貼り替え、大事をとって近くのホームセンターで買ってきた簡易フェンスを設置したのでありました。

ま、これでひとまずは安心、安心(笑)。

って、今日だからこそこんな風にのんびりと事の顛末を書いている自分ではありますが、もしもあのまま花火が戻ってこなかったかと思うと涙「ビジョ、ビジョ」なのでありました(汗)。

あぁ。
たかが猫。
されど猫。

花火ぃ。
帰ってきてくれてありがとう!!
2010.06.08 Tuesday

第三回 花火記念日!!







前回の記事は先代猫アディーが虹の橋へ旅立って四年、、、というお話でしたが、今回は「第三回 花火記念日!」の話題をば、、、
そう、昨日の6月7日はネズミ捕りに捕まってしまった花火を保護した記念(?)すべき日なのでありました。
いや、これまた早かったような、大昔の出来ごとだったような、、、
とにもかくにもあの日から三年が過ぎました。

めでたい、めでたい(笑)。。。

で、上の写真(↑)で過去と現在を比べてみたのですが。
やっぱ、この表情、、、
身体はでかくなりましたが、やっぱ、「花火」は「花火」っすネ(汗)。


続きを読む >>
2010.06.01 Tuesday

冬季オリンピックと、サッカーワールドカップと、、、



早いものですネ。
新年を迎えたのはつい先日のことだったような気がするのですが、カレンダーには「6月」の文字が、、、
そう、そう。
6月といえば、サッカーワールドカップがいよいよ始まりますネ。
何だかなぁ。
今回はいまいち盛り上がりにかけているようにも思えるのですが、果たして日本はどのような試合を見せてくれるのでしょうか、、、
で、ワールドカップといえば同じ年に開催される冬季オリンピック。
何だかんだといいながら今年の2月はTVにかじりつきだったようナ(汗)。
モーグルの上村選手、残念でしたよネ。
あと真央ちゃんも、、、
女子のフィギアーは、前回、2006年の荒川選手に続いての金メダルを期待していたんだけれどなぁ。

そう、、、
あの2006年の冬季オリンピックの時、荒川選手が金メダルをとった時の演技は強烈に印象に残っており、、、

衛星中継での生放送は確か早朝の4時半ぐらいからだったように記憶しています。
当時の私は前月の1月に乳腺腫瘍の手術をしたアディー(先代猫)と一緒にリビングの真中に布団を敷いて寝ており、荒川選手の演技を見たのはその布団の中、眠い目を擦すりながらのものでした、、、

横にはまだ介護服を着たままのアディーの姿。。。

あぁ。
目を閉じると当時の様子が昨日のことのように思い出されます。

とにもかくにも「2006」年という年は強烈な年でありました。
年明け早々のアディーの手術〜アディの死。
続いて亡くなった女房の母親の葬儀が行なわれたのは前回のワールドカップが開催されていた真っ只中の暑い7月のことでした。

、、、
あれから4年の月日が流れたのですネ。

あぁ。
早かったような気もするし、遠い昔の出来事だったような気もするし。

次の2014年。
そしてまたその次の2018年、2022年、2026年、、、
冬季オリンピックとサッカーワールドカップが行われる年には、あの2006年の一年のことを想うに違いない。




昨日の5月31日はアディーの命日でした。
4年前のあの日と同じ。
青い空が広がる爽やかに晴れた気持ちのイイ一日でした。

父ちゃんも母ちゃんも元気にやってるよ。
アディーもいつまでも元気でね、、、

また会おう!

Powered by
30days Album
PR