ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< いたずら盛り、、、 | main | 〇月×日、、、 >>
2012.02.03 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.07.12 Thursday

イイこと言うなぁ、、、


いくらなんでも毎回花火の写真ばかりじゃ
「イイ歳したオヤジが、、、」
な〜んて言われてしまいそうなので、たまには、別の話題をば、、、

昨年の10〜12月にかけてだったと思います。
東京は両国にある江戸東京博物館で、天才アラーキーこと、荒木経惟さんの「東京人生」という写真展が開催されておりました。
で、その写真展を見に行った時のこと、、、
会場には数多くの写真が撮った年代別に分けられて展示されていたのですが、私が「オッ?」と思わず足を止めてしまったのは、ごくごく最近に撮られたアラーキーの愛猫、「チロ」の写真を見つけた時でした。
アラーキーといえば、写真に興味がない人でも「愛しのチロ」という写真集は知っている、、、そんな猫好きな人が多いのでは?と想像するのですが、、、
事実、私自身も当時から写真を撮るのが趣味だったわけではなく。
私が「愛しのチロ」を知ったのはアディーを飼ってしばらくした頃、、、
当時ははとにかく本屋で猫の本を見つけては「可愛い〜」とヨダレを垂らしながら買いあさっていた時期でありまして(汗)。

で、その写真展でチロの写真を見た時に思ったのが
「へぇ〜、チロ、まだ元気に生きているんダ、、、」
ということでした。
確かチロはアディーよりも少しだけ年上のはず、、、
「18才?いや19?」
5月にアディーが逝ったこともあり、その元気そうなチロの写真に妙に感慨を覚え、思わず私は
「頑張って長生きするんだぞ!」
な〜んて心の中で呟いたのを覚えています。

先日の七夕の日でした。
S新聞の朝刊には「アラーキーがいく」というコラムが毎週土曜日に連載されているのですが、で、その日は谷中の墓地で撮影した猫の写真とアラーキーのコラムが掲載されておりました。
そして、その中でアラーキーがチロのことに触れていたのですが、、、

「もう19歳。(略)長生きしてくれ。チロちゃんいなくなったらどーなるんだ」

なんだかジ〜ンとしてしまいました。
アラーキの奥さんって42歳の若さで他界してしまい、チロって、その奥さんが亡くなる2年前にもらってきた猫なんだとか、、、
で、私が「さすがはアラーキ、イイこと言うな!」と思ったコメントがこんなものでした。

「この世には猫が必要だね。谷中は墓場ばかりだけど、ネコがいるから廃墟じゃない。ネコが元気で暮らせる町はいい町なんだ」

うぅ〜ん。
さすがは天才アラーキ!!
いいこと言うな、、、
そう思いません?(笑)

今日貼った写真は某東京の下町で撮った写真。
ここへ行けばほぼ間違いなく猫達と出会えるのですが、それでもやはり数年前と比べると随分と様変わり、、、
最寄の駅近辺では再開発という名目の工事中。

猫が元気で暮らせる町がどんどんと減っていく東京、、、
ちと複雑。
2012.02.03 Friday

スポンサーサイト

コメント
めちゃめちゃ同感です。
先日訪れたマルタもそうですが
猫が活き活き暮らす街は、人も優しいんです。
下町なら殊更ですよね。

我が街も再開発がドンドン進み
猫の居場所が追いやられ。。。

猫や犬は人間にとって
世知辛い世の中のコミュニケーションツ−ルのような存在。

谷中はいつまでもあのままであって欲しいですね。

Mさんのお写真もアラーキーさんに負けないくらい
ほんと素敵です。
撮り手の心が写りますね。
  • beesan
  • 2007.07.12 Thursday 21:41
■beesanへ
、、、ですよね。
私も先日beesanの「ありがとうシゲ」の記事を読ませてもらいながら、ウン、ウンと頷いてしまいました。
写真を始めたばかりの頃、私も、とある再開発の土地に住む猫達のことを1年間撮りつづけたことがあり、、、
(HPのほうに「365days after」としてまとめてありますが)
>世知辛い世の中のコミュニケーションツ−ルのような存在。
同感です。
猫が住める町、、、残ってほしいものですね。
>撮り手の心が写りますね。
お恥ずかしいかぎり、、、
アディーの死後はあまり撮っていないのですが、やっぱりそんな猫達の姿を今撮っておかなければ、、、な〜んて思います。
ま、ボチボチと、、、

そだ。
猫手、、、久しぶりに買ってみますね。
しかし何でペット本コーナーって女性誌売り場の近くが多いのでしょう?

なので女房に買ってきてもらおう!

  • M
  • 2007.07.13 Friday 16:55
こんばんは。
写真の猫さん、町に溶け込んでますね〜
というか町全体がおうちなかんじなんでしょうか〜
撮られてること気付いてるのかな?^^
写真展はおろか「愛しのチロ」さえも知らなかったわたしですが(芸術とは無縁ですね〜 ̄о ̄;) 外で猫と出会うとうれしい♪ 周りに人がいないの確かめて話しかけます♪(笑) 
ただ台風や雨が続くと心配。みんなにおうちがあればよいけれど 外猫さんに出会えないのもさみしい・・・複雑(^^;)

お返事ありがとうございます^^
「カツ丼」お気持ちだけありがたく受け取りますので無理しないで下さいませ♪もたれても責任もてませんので〜(≧ω≦)
病院選びで悩みご心配おかけしましたが 手術自体にそれほど心配はしておりません。どんな処置にもリスクはあり不安はありますが、シニアとはいえまだまだ健康体だし(体重4.2圓離瓮織楝里任呂△蠅泙垢 ̄▽ ̄;)麻酔チェック済みですし。
アディーちゃんは17歳で 小さな体で本当によく頑張りましたよね!M様の「カツ丼」深いですよね(^^)

台風が接近中ですね。
くれぐれもお気をつけ下さいませ。
花火ちゃん初台風?ですね〜 がんばれ〜♪
  • きん。
  • 2007.07.15 Sunday 02:35
■きんさんへ
自分は動物全般、勿論、犬も大好きですが、けど、やっぱり猫には犬とは違う、独特の魅力を感じてしまうのです、、、って世の猫好きさん達は皆同じかもしれませんね。
猫が元気に住める町、、、やっぱ残ってほしいものです。

胃もたれの責任をとれなんて言いませんってば、、、
はい、本日の昼食はカツを美味しくいただきました(笑)。
いえ、自分も手術そのものに関しては、さほど心配はしていないのですが、何となく「カツ丼食べたいなぁ〜、、、」な気分だったもので。
多分、この時刻ですから、手術は既に終了、、、でしょうか?
お疲れ様!!

東京はほとんど台風の影響はなかったのですよん。
それよりも地震、、、怖いっすね。
被害に遭われた方々へお見舞い申し上げます。
  • M
  • 2007.07.17 Tuesday 16:49
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR